洗顔石けんdeスキンケア

化粧石けんとは

一口に石けんといっても、身体用、身体以外用、工業用と、大きく3つに分類されます。
一般にかかわりが深いのが身体用で、固形タイプの石けんは、化粧石けんと一般に呼ばれます。

 

化粧石けん足り得る条件としては、泡立ちが良く、芳香もあり、肌への刺激が少ないものであることなどです。
この内、脂肪酸カリウムと脂肪酸ナトリウムを主体に、添加物が入っていないものは、特に、純石けんと呼ばれます。
昨今の健康志向を反映し、無添加の石けんが人気が高いのは、周知の通りです。

 

 

化粧石けんを、さらに詳しくみると、浴用石けん、洗顔石けん、デオドラント石けんを含む薬用石けんなどがあります。
多くの場合、化粧石けんといえば、浴用石けんと洗顔石けんを指すことが多いようです。


化粧石けんは化粧品?

定義からいえば、化粧石けんとは、身体用で「固形」であることが前提となります。
現在では、液体のボディーシャンプーやクリームタイプの洗顔フォームなど、固形以外の石けんも、広く利用されてはいますが、定義に照らせば、規定外ということになります。

 

通常、化粧石けんは、薬事法の規定によれば「化粧品」の範疇に入り、薬品のように一定の効能をうたうことはできません。
一方、薬用石けんは、医薬部外品の扱いとなり、石けんのパッケージなどに表示が許されています。
大きく分けると、殺菌成分が入ったデオドラント石けん、皮膚の炎症を抑えるのが目的の薬用石けんなどがあります。

 

デオドラント石けんは、殺菌作用の他、皮脂を分解して汗の臭いや体臭を軽減させる働きがあります。
ニオイについて、やたらとうるさくなった昨今、男性にも注目を集めているアイテムです。